ふるかわ庵

昭和初期の住宅を住宅兼料亭に
住所 台東区池之端
リフォーム面積 160u
住人構成
構造 木造在来
施工 斎藤工務店
竣工 1987
特徴 昭和初期の住宅を、住宅と料亭に改造。
施主の古川さんにちなんで「ふるかわ庵」
古い家には自然と住まいのランゲージが備わっています。
座れる窓辺、高さの変化、風の通り道、格子、中庭古い建物の増改築の面白さはそれを発見できる事です。
「商店建築8801」では
「僕たちより上の世代は、こういう家で育ちました
だからここへ来た方たちは”古川さんの家におよばれした”という気持ちをもって帰られるようです
日本の家、あるいは憩う場所とは何だろうかそれがここでは少し実現できたと思うし
そういうことを意識しないで”和風””ワフー”と騒いでみてもしょうがないとおもいますよ」(来馬談)
といったインタビューで
保存から”共存”の典型的な例として取り上げてくれました。


森まゆみ「東京遺産」(岩波新書)に載ってます!!ちょっとうれしいですね。
図面 1階平面図
案内図
■玄関 ■客室
玄関部分
カウンター客席■
洋間コーナー■
洋間コーナーの
外観■
■客間
手づくりの庭■ 住宅部分■
■リフォーム前の外観 改装時の玄関■ パンフレット■
主なプロジェクト目次へ戻る
ご意見は tktk@iegaku.jpへ気軽にどうぞ。
"的家学"へ戻る