興野の家
都市型住宅地のやすらぎ空間
住所 足立区
敷地面積 100u
床面積 197.14u
家族構成 夫婦+時々母
構造 木造在来2階
施工 シマダ建設
竣工 2004
開放的なキッチン、鉄骨バルコニー
1坪吹抜、浴室坪庭
視線、通気
特徴 都市部と郊外の中間地点にある住宅地は、視線の制御と、自然や隣地関係を生かす工夫が大切です。
興野の家では、ゆったりした生活を楽しむ夫婦のために、都市住宅地の視線を気にせずにゆったりと光や風を感じくつろげる空間を考えました。 2階の屋根付テラス、吹抜からの光と風、お風呂場の坪庭、視線を考えた窓の配置、吹抜での室内コミュニケーション、風の通り道などが工夫されています。
ゆったりした時間がここで過ぎていくといいですね。

図面 1階平面図
2階平面図

■建方風景 2階テラス■ 居間■
外観■ ■台所
■台所 居間吹抜■
■玄関 寝室天井■ 便所■
1階洗面所■ ■2階ホール
■浴室 ■寝室 書斎■
主なプロジェクト目次へ戻る
ご意見は tktk@iegaku.jpへ気軽にどうぞ。
"的家学"へ戻る