所沢の家

変化に合わせてほどよくつながる
2世帯住宅
住所 所沢市
敷地面積 252.66u
床面積 210.6u
住人構成 親世帯+子世帯
構造 鉄骨3階建て
施工 増田コーポレーション
竣工 2002/3
特徴 親世帯(1階)と息子世帯(2,3階)が、ほどよい距離とつながりを持ちながら住むこと。
娘世帯の場合と違って少し距離感が保てるように工夫されています。
しかし、さりげなくつながるように2階への上がり口が、1階のテラス、居間につながるように
計画しました。両世帯とも、将来の変化に合わせて対応できるように、シンプルな鉄骨造に
なっています。
図面 1階平面図
2階平面図
3階平面図
アクソノメトリック図
■外観 ■玄関まわり外観 外観■
■2階居間 ■2・3階吹抜
■居間 ■キッチンまわり 2階吹抜窓■
キッチン■ ■3階
洗面の照明■ ■洗面所のトップライト
■親世帯居間 浴室■ 浴室出窓■
主なプロジェクト目次へ戻る
ご意見は tktk@iegaku.jpへ気軽にどうぞ。
"的家学"へ戻る