匠屋の設計監理料

住宅の設計監理料

床面積(u)に応じた設計監理料です。
床面積は、室内車庫、地階、ロフトを含みます。
抜、バルコニー、テラス、ドライエリア等は一定比率(1/2 1/3 1/4)で参入します。

新築の場合

  木造1,2階建 木造3階建 鉄骨・RC・特殊構造
基本設計 8,000\/u 9.000\/u 10,000\/u
       
実施設計 9,000 10,000
10,000
       
工事監理 8,000 9,000
10,000
       
合計
25,000
28,000
30,000

■特別な場合を除き最低設計監理料は180万円とさせていただいています。
■構造計算は実費精算、木造は階数と工法二よりますが10-25万程度、RC造・鉄骨造は工事費の2-3 %。

リフォームの場合

  水周り+間取り変更を伴う場合(通常、外部構造工事なし) 左記のうち1項目を伴う 内装替等
基本設計 8,000\/u 7.000\/u 7,000\/u
       
実施設計 9,000 7,000
4,000
       
工事監理 8,000 6,000
4,000
       
合計
25,000
20,000
15,000

■一部構造、外部工事、防音工事等の伴う場合は見積らせていただきます。
■構造等の再計算、調査等が伴う場合、調査費、構造計算実費精算。

<解説>
設計監理料の主な内容は(詳細は
 
・基本計画図、基本設計図、実施設計図の作成。案作成のための模型製作など。
・予算調整、工務店の選定への助言
・確認申請、中間検査、完了検査手続き代理、書類作成(確認申請料、検査料は実費精算
・工事現場の監理 (往復3000円以上実費精算)
・融資等の資料作り
・確認申請、瑕疵担保に伴う検査立会い
 
但し:
・施主および、敷地、地盤条件等の変更に伴う、再確認申請料は実費精算(H19年6月20日改正による)
・品確法等の申請、検査等にかかわる費用は別途(事務所の作業費、検査機関への支払い費用)
・地盤調査、真北測定、敷地測量等費用は別途
 
<住宅以外>
事務所、共同住宅、複合ビル、工場、倉庫の複雑なものは木造1,2階建料率*0.8を目安とするが
基本的にはH21年国交省告示15号に基づいた見積を出させていただきます。
 
<報酬支払い時期>
第1回 委託時;委託書によるか、1/6
第2回 基本完了時;委託書によるか、1/6
第3回 実施完了時;委託書によるか、1/3
第4回 上棟時;契約書によるか、1/6
第5回 業務完了時;契約書によるか、残額1/6
 
<その他の費用>
■インテリアコーディネーターに別途依頼する場合の、コーディネーターへの支払い
 
設計料の考え方
1、設計監理費は現在は床面積による
料率としています。
設計監理料の考え方は、設計事務所によって現在は色々です。ただ、その基準となっている考えは5つあります。
■面積に単価を掛ける
■工事費に料率を掛ける
■旧建設省告示1206号に基づく
■H21年国交省告示15号に基づく
■設計や工事監理に実際必要な人工から見積る

すべて一長一短です。その詳細説明は細かくなりますので避けますが、
匠屋としては、2010年までは工事費に料率を掛けていましたが、現在はより明確にするために面積による料率を使っています。

 
2、設計監理料は適切でしょか?

設計監理費が、工事費の10%程度というと、とんでもないと言われた時期もあります。地域によっては未だに理解を得られない地域もあるようです。 しかし、実際にそうなのでしょうか?
住まいづくりの仕事内容をみてください。住まいづくりにはたくさんのしなければならにことがあります。)

■たとえば、2000万円の木造住宅の場合

・ 旧建設省告示1206号よると44人工となっています。
・実際私たち事務所の実績では、近年の法規改定前で効率よく行って50人工程度です。
・しかし 新しい国の告示では99人工です!
これは、近年の改正による報告や手間などを格段に増やした国交省の一つの答えです。

これを、 住宅の経験が少しある年収400万程度のスタッフ(残念ながら建築士の有無は別)が働くとして考えて見ましょう
1日(1人工)2万円程度で、(ほんとは技術職は自己研修もありますから、最低でも2.5から3万が妥当ですが・・・)
会社や事務所の経費、技術費を入れると

国交省換算で450万!!(なんと工事費の22.5%)
ハウスメーカーのような詳細設計のいらないものでも
現在は49人工でほぼ220万!! (これが無料というのはどうも変かも知れませんね)
法律改定前の実際の人工で225万円(約11%)
法律改正後の手間で行くとほぼ60-70人工程度と考えれますから270−300万程度(約13・5-15%)

ともかく、国交省はそれくらい手間のかかる仕事を建築士に求めているわけです!!

さて、気が重くなるような話ですが、詳細設計のいらないような建物の設計監理料(11%)で、設計事務所が詳細設計やデザイン、さらに監理をしっかりしてくれるなら、ある意味では現在はお徳な時代なのかもしれません。
でも建築士はかなり大変ですね!今後は設計監理料が上がるか、設計監理のシステム化か、設計監理の簡略化が進められていくと思います。

   
2、基本設計・実施設計・監理 設計監理の仕事量は、大体ですが、
基本設計30%、
実施設計40%、
工事監理30%

ぐらいをめどに考えるとよいと思います。
   
3、無料はどこまで 依頼が前提であれば
敷地のアドバイスをしたり、色々な住まいづくりの相談は現在無料です。気楽にご相談ください。
実際にプランを作り始めるときは、下記の条件になりますが、第1案までは無料です。
依頼が前提でなくても、
事務所での住まいづくりの基本的な相談は無料ですから、いつでも気楽にご相談ください。


依頼が前提ですから、他の事務所やメーカーとの比較をしてみたいというときは有料でお願いしています(下記の「住まいづくりの提案」を見てください。)


依頼が前提とはいえ、提案後、信頼関係がつくれないと判断したときは、断っていただいてもかまいませんので、安心してください。

※この場合でも案自体の著作権は匠屋ですから、使うことは許されません。
※案を作るときに知りえた施主の情報は漏らすことはありません。
 
住まいづくりの提案依頼について
■住まいづくりに
コンペは向かない
基本的には住宅にコンペは向かないと思っていますので、頼もうと考えている方は注意してください。理由は

、依頼主が、希望を的確にまとめることはとても難しい。設計そのものが、依頼主の希望を整理する作業となることが多いからです。

、信頼関係は、希望の聞き取りから積み上げたほうが、より適切に対応できる。

、住宅の場合、設計の進行に伴い、コンペでつくったプランが大幅に変わることがある。選ばなかった他案に近くなることも(これは著作上よくないことです)。であるならば相性や建築家の姿勢で選んだほうが合理的。

、住まいづくりはプランだけではありません、監理能力や、コミュニケーション能力も大切です。これはコンペでは判断難しいでしょう。

、真面目に設計監理をやっている事務所では、実際は現場と真面目に付き合うことがとても大切です。現在依頼してもらっている方の実務にこそ力を注ぎたいところです。営業に当たるコンペばかりしていては、残念ながら無理が生じることも多い。(小さな事務所なので残念なのですが・・・)

、安いコスト、大きな面積、予算的に無理な計画などについつい目が行きがちで、最終的に食い違いなどが露呈し、大きなトラブルも起こしかねない。

ただ、自分たちの希望を適切にまとめる事ができる方で、どうしてもプランで比較したいという方も実際いらっしゃいます。上記の点を理解いただけるなら、私たちも真面目にお付き合いしますので、最低限ですが下記の費用をご用意ください。
但し、下記同意事項はまもってください。
■住まいづくりの提案費用と内容
<すること>
現地調査・敷地調査 お手持ちの資料はすべて提出してください。簡単な調査までです。
希望聞取り打合せ 直接家族とお話するのが前提です。
<提出物>
計画の概要 計画の特徴、注意すること、主な仕上げ、構造等の
要求があれば概算予算
各階平面図 S=1/100
模型 大体S=1/50、1/100の無色の模型
<期間>
約1月後にプレゼンテーション
<費用>
10万円
<オプション>
特殊な模型(色つき、縮尺が大きい)
CG(コンピュータグラフィック)、パース
企画書等(フィナンシャル関係など)
<同意事項>
1、提案の著作権は有)一級建築士事務所 建築工房匠屋に帰属します。
2、提案の無断使用禁止。
3、提案の無断使用による、いかなる損害も、当社は責任を負いません。
4、本契約を締結した場合は、本設計監理料より差し引く。
5、提案で知りえた依頼者のデーターは秘密厳守。
6、交通費等は実費精算。
匠屋の住まいづくりトップ
ご意見、質問、依頼は tktk@iegaku.jpへ気軽にどうぞ。
"的家楽"へ戻る