■新聞・雑誌・レクチュアー等        
         
建築家の家本」 55人の建築家ガイド 関東編
建築ジャーナル
30代、40代の家づくりに熱心に取り組む建築家の
ガイドブック。 出会いの場面から、盛り組んだ
アイデアなどを紹介。 従来のガイドブック本にはない、生活感のある写真も満載。空間が実感できます。 都市住宅ということで上原の家をl掲載しました。
来馬も編集に協力させていただきました

  「東京和館」古き良き日本の家
淡交社
ふるかわ庵がのっています。
古い建物のよさを発見し、生かす。
評価されてうれしいです。
         
東京遺産」森まゆみ著
(岩波新書)
僕らの青春の知は岩波新書にありました。
「ふるかわ庵」のことが載ってます!!うれしいですね。
  「自分らしいすまいを建築家とつくる」原真著
(コモンズ)
共同通信社「建築家と家づくり」 2003年:福井新聞5/10・埼玉新聞4/13・京都新聞5/20 等で掲載された記事が本になりました。上原の家掲載。
         
渡辺篤史の「建もの探訪」
2003年1月4日(テレビ朝日)
東北沢の家 (吉川邸)が出ました。
  新しい住まいの設計2009/03」
オール電化住宅の記事に金山公園の家が掲載されました。
         
建築ジャーナル」2008年12月号
建築ジャーナル
住宅瑕疵担保履行法の施行に先立ち建築家としての考えを対談しました。
結構立ち入った話をしていて、参考になりますよ。
 

月刊ハウジング 2005/03」
興野の家がに掲載されました。
「30代半ばで2軒目に住み替え。ゼロからつくった開
放的な家に大満足!」
資金計画なども載っていて参考になりますよ

         

月刊ハウジング 2000/07」
「光」と「風」を感じる住まいとして
若林の家が 掲載されました。

  PLUS1 HOUSING No.2
「敷地を生かした家づくりのポイント」という記事を監修しています。
         

「家族とすごす 家じかん」
エイムック995  竢o版社
東北沢の吉川さん家族がお子さんと出ています

 

「一個人2002 N0.20」
「趣味の生活を満喫するための家造り」に
花あふれ四季を満喫できるくつろぎの住まい
として 上原の家が掲載されました。

         
「MaP+P」2001・autumn
太陽セメント発行
型枠コンクリートブロックで建てた荏原の町屋が掲載
されました。表紙の写真もそうです。
  「世界でいちばん自分らしい家」 (新しい住まいの設計・別冊125) (2004.01)
東北沢の家 bP6 音楽のあるオリジナルハウス です)掲載。
生活デザイン住宅「屋内でアウトドアのできる家」も僕たちのプランで
         

「住みたい家」1号 
学研
「収納にこだわった家」特集
にNさんの家が掲載されました。
「キッチンには無数の引き出し、パン調理台は2倍の
広さに変身自在、とにかくたくさん収納できます。

  「プラス1 リビング」2003・08
主婦の友社
「家づくり、頼みたいのはこんな建築家 No11」
に来馬輝順が取り上げられました。
         
「新しい住まいの設計の2002、10月号」
東北沢の家が掲載されました。
「いにしえの洋館の建具や家具を生かした、地下音楽
室、多目的な土間、歌い、弾き、想像するご夫婦のオ
リジナルハウス」
動画もあります
 

「モダンリビング(2004 MAY 154号)」
中河原の家 が 「安全な家を建てたい・健康建材、最新講座」で紹介されました。

         
「新しい住まいの設計の1998、11月号」
お宅拝見にK邸掲載されました。
「インターネットで建築家を探し、Eメールで意見交換。
思う存分私たちの希望を伝えられ、設計に反映させる
ことができました。」
  「建築ジャーナル」1114号(200701)
来馬の本紹介「いまさらモダニズム」「絵画のモダニズム」が載りました。柄谷行人「日本兼題文学の起源」「グリーンバーグ批評選集」の簡単な紹介です。
         
「日経アーキテクチュア」1996/9-23
コンペ報告「国立国会図書館関西館」
優秀賞(代表:難波和彦)
  「OZONE STYKING BOOK」2005
東北沢の家(吉川邸) 樫の木のある家が掲載されました。されました。
         

「成功するいえづくり」Wagaya No.13
成美堂出版
上原の家が「私たちが最後にたどりついた最高の
間取り」に掲載されました。
「中央に中庭尾を設けたコの字型プラン、大きな開口
部のある2階リビングで、十分な採光を確保し、開放感
を演出」

  「地震に強い住宅実例百科」
成美堂出版
匠屋のプランが三つ載ってます。
幾何学的バランスが大切です。
         
「すまいづくり秘訣集」 (家づくり便利百科97)
ニューハウスmook
初心者向けですけど住まいづくりに役立つないようで
す。
  「商店建築」1988・01
「保存から共存へ」 特殊に「かんてら(ふるかわ)庵」が掲載されました。
「使いながら保存することを目指して、自分の生家を料理店にリニューアル」
         

「建築とまちづくり」2006・march,No342
来馬輝順の「建築家の専門性とインターフェイス」 が
掲載されました。インターネット時代の建築家の専門性を考えた小論です。

  「建築知識9807」
僕たちのコンピューター導入顛末が、2ページの記事になりました。
         

「新建ハウジング」連載200408-200503
「住宅設計を生活から考える」

が連載されました。パタンランゲージを使って生活を
住まいづくりに生かす方法を、簡明に実例で解説しています。

 

「週間 東洋経済」2000・4-15
「住みたい家に住んでやる」に
自前メディアとしてのホームページの可能性、K邸の完成までが掲載されました。

         

朝日新聞 朝刊2004/6/3 
「あなたは家を買いますか」若林の家が載りました。
「二世帯住宅は2戸つなぐ時代、離して築くいい関係」

  家づくり・家さがしのインターネット活用法
住宅金融公庫にて2002/3/1
  辰巳渚/来馬ほか
         

「ハローアーキテクトArchitect Room no344」
(旭ガラスホームページ)
「居間ってなんですか」が掲載されました。

  「プロ向けの シックハウス対策住宅セミナー
(於 中目黒)
ハウスネットワーク東京で企画しました。
         

りきまずに自分たちのすまいとむきあおう」
東京ガスショールーム。2002/10/13 
来馬がレクチュアーしました。

  すまいの実例セレクション51」
月刊ハウジング 2006・03
興野の家が掲載されています。とむきあおう」
         
         
ご意見はtktk@iegaku.jpへ気軽にどうぞ。
"的家楽"へ戻る。